パチンコ詐欺の手口

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

パチンコ詐欺の手口

最近のパチンコ詐欺は、パチンコに興味を持っている方ではなく、パチンコを全くやった事がない方が騙される傾向にあります。

詐欺の入り口は、副業サイトやウェブ求人広告を使ってくるのです。

あくまでも初めは、「PR活動をしてもらう簡単なお仕事です」といった話で、具体的に何をするのかは知らされません。

詐欺師は、雇用契約という名目で会員登録をさせ、個人情報を入手していきます。

登録が済んだところで、具体的な説明があります。

「パチンコホールのPRのため、ホールに行ってパチンコを売って出玉アピールをしてもらいます」「ホールと提携しているので出やすい台を指示します」「出玉を換金して、半分がアルバイト料になります」など、とても簡単であるかのような話をされます。

もちろんホールでのパチンコ資金は自腹です。

結果はもちろん、ほとんどの方はパチンコで勝つことはできませんので、収入はありません。それどころかパチンコを売った分だけマイナスです。

会員は、副収入を目当てに登録したのですから、詐欺業者にクレームを入れますが、それすらが詐欺業者のストーリー通りなのです。

「今のやり方は、出やすい台をお伝えする方法なので、長い目で見てもらわなければなりません。もし、即効性を期待されているのであれば、確実にもうかる方法がありますよ」と短時間で確実に儲かる方法を提案してきます。

詐欺師は、保証金名目で会員から高額を支払わせます。保証金なので後から戻ってくると詐欺師は言いますが、戻ってきた方は一人もいないのです。

ご相談はこちら

出合い系詐欺.comメール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ